# by hikosan_y | 2017-06-04 14:34 | hi-fi | Comments(0)

DAC link

先々週、突然にシステムのデジタル・パッチベイとフォーマット・コンバーターとして利用しているSRC2496が故障・・・
b0284495_13063683.jpg
かれこれ10年近く、ほぼ電源も入れっぱなしで利用していることを考えれば、へたりもするなぁ・・・

BEHRINGERですから価格はとんでもなくお安いのですが、これと同等の機能をもった代替機は他社製ではまったく見当たらない・・・

デジタル・パッチベイを標榜する機器はありますが1Uのコンパクトな筐体でSRC2496と同等或いは上廻るモノを見つけるのは、わたしのごくごく狭いチャネルでの話ですがまったく無理なきがします・・・

まぁ、そんなことで、LYNXのAES16経由の信号(じょうじあんシステムではアナログ・レコードということですが)がP2Dに入らない(P2Dは直接AESフォーマットを受けられないので)状態で、しかたなくレコード再生時はDAC(ES9028)をPCMモードで動かしています。
b0284495_11085383.jpg

CD・リッピングデータやDSDデータのUSB系はP2Dを通してI2SのDSDモードですからSRC2496は関係なしにこれまで通りです・・・
b0284495_11091069.jpg
で、やっぱりDSDモードとPCMモードでは「音の質」というより「音の相」が異なるようで、DSDモードに馴染んだ耳にはPCMモードはそのサンプリング周波数を問わず、お尻の座りが悪いというかなにかしら落ち着かない感じで、はやいとこつぎのSRC2496を手当しなければ・・・

先日、JPLAYの導入を検討されているお客様が、じょうじあんシステムに興味を持たれて覗いてくださった・・・

前回、書いたように「DeviceStreamingModeを2にする」指令を実行してから、DAC linkを170Hzに設定して問題がなかったわけですが、お客様が帰られてから、思いついて700Hz(PC Bufferは0.01sec)にアップしてみたところ、なんの苦もなくあっさり鳴っています・・・
b0284495_11094317.jpg
そもそもDAC linkの正体がいまいちよくわかりませんが、USBに送るデーターのパケットの大きさと転送頻度をコントロールしているだろうと理解しているのですが、バッファータイムを大きく取ってチンタラ送るより、キビキビと仕事をさせたほうがええような、イメージ的にはそんな感じでええんとちゃいますやろか?

b0284495_11092894.jpg
コントロールポイントをUpplayとしたJPLAYstreamer(サーバーはJRIVER)再生では、云わば音を湛えた湖の透明度或いは光の浸透度がアップしたような、そんな印象で、DAC link 700Hz、じょうじあん環境では「えぇです!」










[PR]
# by hikosan_y | 2017-05-30 11:49 | hi-fi | Comments(0)